<< 7月の話ですが、ディズニーランドデビュー | main | ミッフィー展 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
ところで、7月には流しそうめんも・・・
JUGEMテーマ:育児

さて、イベント目白押しの夏で (見栄張っている・・・?)更新が遅れている
このブログ(単に暑くて怠けていた)ですが、7月の夕涼み会、流しそうめん、
よさこい祭りのことなど。

王子の保育園での夕涼み会がありました。会の前の数週間は、毎日、踊りの
練習をしていたらしいです。しかし、家ではまったく踊りません。前日、知り合い
になった同じ組のお母さんにメールで、「お宅のお子さん、家で盆踊りの練習
しています?」と、心配になって聞いてしまいました・・・。立川昭和記念公園での
遠足の時は、入園したばかりだったこともあり、お遊戯はまったくできなかった
のですが、今回は、みんなと仲良く踊れるかしら?ところで、夕涼み会と言ったら
もちろん浴衣でしょっと、会の数週間前から浴衣を出してきて、洗い直してのりを
かけ、涼しい時を見計らってアイロンをかけ、前日はどんな髪型にしようかなーと
考えていた私。「なんで、母親がそんなに気合い入っているの?」と周囲から
白い目で見られていましたが、久し振りの日本の夏ですもの!着物で行くもの
でしょう?と思っていたのですが、会に着いたら、誰一人として母親の浴衣は
いませんでした 悪目立ちしてしまいました。とほほ・・・。
園からのお知らせには「お子さんの浴衣、または甚平姿、期待しています!」
という先生のお言葉でしたが、親には期待していなかったのですね。
猛暑の中、浴衣の下は汗だくでしたが、顔では涼しい顔をして、やってしまったー
と思いました。


子供達は、写真撮影の後、先生が作ってくれた屋台を廻るチケットを首から
下げて、フランクフルトや焼きそばを食べ、風船ヨーヨーを釣り(王子、みごと
釣り上げました!すごい!)、ゲームで景品をもらい、その合間に友達と
じゃれあい、とにかく踊りが始まるまでの1時間で、食べさせ遊ばせ、というのを
こなし、ようやく踊りの時間に。
「皆さん、列を作ってください」という先生の声に、うちの王子、まっさきにど真ん中
に向かって突進です。私は、立ち位置はあそこでいいのかなー?と思っていた
のですが、他の子も王子の横に並び始め、どうやら、王子は一番真ん中を
占めていたようで、他のお母さん達から「一番良いところに立ちましたね」と言われ
ました。またしても悪目立ち親子・・・。確かに、ビデオや写真を撮るのに一番
良い立ち位置をキープ!私は子供の頃、背が高かったので、いつもはじっこか
後ろのほうにいて、目立つ位置に立ったりしなかったなーと思いつつ、うちの息子
のたくましさに感動!よくやった!

音楽が始まると、なんとなくお隣の女の子にこづかれながら、踊っていましたよ!
家では、「どんな踊りを習っているの?」と聞いても、しらんぷりだったのに。
なるほど、これがソーラン節ね。以降、うちでも歌っています。
担任の先生が、ナイアガラの滝花火のひもを持って、登場。火を付けたら
すごい煙で、真ん中に立っていた担任の先生は大変そうでした。お疲れ様です。
花火もなかなかの迫力で、驚きの連続の王子。

さて、帰るぞ、となった時に、クラスメイトの男の子の額に思いっきり大きな石
を投げつけて、謝らない。。。ということがありました。あぁ〜〜〜・・・。
(後日、その子のお母さん宛に謝りのお手紙を出しました。はぁ〜)

王子の保育園が決まるまで、園庭で遊ばせてもらっていた近所の保育園でも
夏の大イベント、「流しそうめん大会」がありました。
事前申し込みが必要なほど、ご近所の子供を持つ家庭には人気のイベント
のようで、私も申し込みに行きましたよ。私自身も、流しそうめんは初めてで、
是非とも行ってみたかったので、張り切って。



当日、その壮麗なほんまもんの竹でできた流しそうめんに感動しました。
私達は、ちょうど、竹の継ぎ目の辺りで少し流れが止まる部分にいたため、
そうめんが止まり(ラッキー!)、じゃんじゃん食べられました。親の私がそんな
に食べて良いのでしょうか?そうめんは相当食べたので飽きた王子は、そうめん
が流れ着くざるの辺りで子供達同士で遊んでいましたが、その間も食べ続けた
私。おいしかったので。。。

この保育園は、園児でない乳幼児の為に、園庭と屋根付きの遊び場所を
解放してくれていて、そこのお世話係のおじさんがこのようなすごいものを
作ってきて見せてくれました。これ、全部、スプーンなんですよ。
よく見ると、虫の背中がグラデになっていたり、微妙な色加減や足のゴツゴツ感
も出ていて、その手の込んだ質感に驚きます。夏休みの作品にどうですか?



私が住んでいる辺りの地域の方々は、祭り好きなようで、ここ数年の
よさこいブームとも相まって、日野市のよさこい祭りは年々規模が
大きくなっていくようです。とりあえず、週末に家にいることもないので、
王子を連れて、豊田駅周辺の踊りを見に行きました。

ブームの時にイギリスにいたので、「ところで『よさこいって?』、
『なんで全国的にみんなしてよさこい?』」という疑問だらけなのですが、
創作よさこいやヒップホップ?かな?みたいなものまであり、とにかく
皆さん楽しそう。6月くらいに行った日野市の国際交流イベントでも、
よさこいを披露(他は、インドネシアやモンゴルの踊りが披露されていた
中で、日本を代表する踊りとしてよさこいが出ていました。)していました。
老いも若きもとにかくよさこいブームなんですね。








王子も踊りたそう・・・?



日本の夏は、べたべたして暑くて、日に焼けるし、以前は絶対にイギリスの
夏のほうがいい、と思っていたのですが、思えばバカンスでイギリスから
出て、海を楽しんだりできる身分ではなかった私たち(昨夏は、日本に出張
だったし)。物価がロンドンに比べて安くて、色々なイベントに参加して楽しめる夏が、
身近にある日本の夏も捨てたもんじゃない、と思えるようになりました。
| 日本で子育てを考える | 15:57 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 15:57 | - | - | ↑TOP
日本の夏を満喫していますね!
映像だけで、とても懐かしくなってしまいました。。。
王子もお着物がお似合いで!
流しそうめんも本格的ですね〜。こんなの見たことない!
一度体験してみたいです。
イタリアでやったらみんなおもしろがってくれそう!?
| coo | 2008/08/28 12:23 AM |
COOさん、コメントありがとうございます。そちらのバカンスの様子、とても素敵でうらやまし〜と思いつつ、少しバカンスの風を日本で感じさせて頂いています。

流しそうめんは、本当に本格的でした。竹のお持ち帰りもできました。もちろん、家で流しそうめんをするのではなく、おもしろい盛り付けになるかな、と思って、お皿用です。

イタリアは、確かに生活が豊かですよね。日本は1週間のお休みだって取れないことが多いですし。ま、そのせいで、バカンス前中後は、普通のことが機能しなくなるんですけど、みんなでバカンスに行ってしまえば、それも不満にならない(笑)。
ところで、よさこいの時に、「イタリア人のような気がする」女の子がいて、その子のお母さんとお話してみようとおもったら、なんと、昔のバイト先の子で、思った通り、彼女もイタリア人と結婚して、パレルモ在住でした。最近は、なんとなく「イタリア人かも」と思うと当たるので不思議です。
| London NK | 2008/08/28 11:56 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://londonnk.jugem.cc/trackback/362
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE