スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
王子 5歳のお誕生日
JUGEMテーマ:育児
 全然、ブログの更新を怠っていますが、LilyPieの王子のお誕生日ティッカー
だけは、更新しました。

最近の王子は、
「おかーさん、死なないで〜」と半べそですがって来るのですが、私、死相
漂ってますか?

その他、この夏はたくさんプールへも行き、水の中で目が開けられるように
なったこと!を日々自慢して、お風呂のお湯の中でもやっています。
目には良くない気がしますが・・・。
その他、昨年から「虫」大好きは継続中で、カブトムシ狩りにも2回も行かされ、
蚊の猛襲を受け、泣く泣く退散。捕まえ易いセミを飼うと簡単にシフト。
カブトムシは昨年、朝、忙しくて、会社から帰ってきたら餌をやろうね、と家を
出たら、そのまま帰らぬ人となってしまった経緯があり、また、かなり臭いので
のらりくらりとかわして、なんとか今年は保育園で飼っているのをお世話する
ことで我慢してもらいました。

あー、もっと自分の時間が持てるようにしなければ!
かわいい盛りの王子の成長記録がまったく欠落しているこの状況!
なんとかしないと。
| 日本で子育てを考える | 12:28 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑TOP
ミッフィー展
JUGEMテーマ:育児

結構、夏休み企画を細々チェックして、遊びに行っていますね・・・。
8月7日に聖蹟桜ヶ丘でやっていたミッフィー展に行ってきました。

ミッフィー大好きな私と、そんな母に洗脳されてミッフィー大好きにさせられて
いる息子の王子。このイベントには、ミッフィーの世界観を立体にしたデコレーション、
ボールがいっぱいのフィールドとボリスの山登りが体験できる二つのアトラクション
があり、しかも、入場券(大人300円)は、後日再入場可能なチケット!!!
なんてお得。ミッフィー好きな私のような大人(オタク?)も満足できるほどの
クウォリティでした。

入るなり、ちょうどミッフィーと握手できる時間が始まり、列の一番最後に並んで
王子はミッフィーに握手+ハグしてもらいました。
ミッフィー、耳を入れると私より大きい・・・?ま、いいか。



入り口に入ると、ディック・ブルーナ氏の紹介と写真、最初のミッフィー(今ほど
丸くない)のイラスト、ブルーナ氏の町、ユトレヒトの写真が飾ってあり、ミッフィーの
歴史から始まり、テレビシリーズのDVDが流れているスクリーン、立体ミッフィーの
物語の模型(動く)、(多分実寸大の)ミッフィーのベッドルームや、ボリスのバスルーム、
ミッフィーとそのお友達の福笑い、積み木、アトラクションがありました。




ミッフィーとお父さんとたこ揚げ


バーバラとシーソー


ミッフィーのベッドルーム


ボールプールの柵越しに。


王子のボリスの福笑い作品(鼻はそこでいいのですか?)

王子は、おおはしゃぎでボリスの山登りを何度も何度も登り、疲れると積み木を
やって、ボールプールの中に飛び込む、を繰り返していました。
クーラーが効いた屋内で、大暴れできる場所は貴重です。しかも、ミッフィー
デコレーション!私も嬉しかったです。
| 日本で子育てを考える | 16:28 | comments(5) | trackbacks(0) | ↑TOP
ところで、7月には流しそうめんも・・・
JUGEMテーマ:育児

さて、イベント目白押しの夏で (見栄張っている・・・?)更新が遅れている
このブログ(単に暑くて怠けていた)ですが、7月の夕涼み会、流しそうめん、
よさこい祭りのことなど。

王子の保育園での夕涼み会がありました。会の前の数週間は、毎日、踊りの
練習をしていたらしいです。しかし、家ではまったく踊りません。前日、知り合い
になった同じ組のお母さんにメールで、「お宅のお子さん、家で盆踊りの練習
しています?」と、心配になって聞いてしまいました・・・。立川昭和記念公園での
遠足の時は、入園したばかりだったこともあり、お遊戯はまったくできなかった
のですが、今回は、みんなと仲良く踊れるかしら?ところで、夕涼み会と言ったら
もちろん浴衣でしょっと、会の数週間前から浴衣を出してきて、洗い直してのりを
かけ、涼しい時を見計らってアイロンをかけ、前日はどんな髪型にしようかなーと
考えていた私。「なんで、母親がそんなに気合い入っているの?」と周囲から
白い目で見られていましたが、久し振りの日本の夏ですもの!着物で行くもの
でしょう?と思っていたのですが、会に着いたら、誰一人として母親の浴衣は
いませんでした 悪目立ちしてしまいました。とほほ・・・。
園からのお知らせには「お子さんの浴衣、または甚平姿、期待しています!」
という先生のお言葉でしたが、親には期待していなかったのですね。
猛暑の中、浴衣の下は汗だくでしたが、顔では涼しい顔をして、やってしまったー
と思いました。


子供達は、写真撮影の後、先生が作ってくれた屋台を廻るチケットを首から
下げて、フランクフルトや焼きそばを食べ、風船ヨーヨーを釣り(王子、みごと
釣り上げました!すごい!)、ゲームで景品をもらい、その合間に友達と
じゃれあい、とにかく踊りが始まるまでの1時間で、食べさせ遊ばせ、というのを
こなし、ようやく踊りの時間に。
「皆さん、列を作ってください」という先生の声に、うちの王子、まっさきにど真ん中
に向かって突進です。私は、立ち位置はあそこでいいのかなー?と思っていた
のですが、他の子も王子の横に並び始め、どうやら、王子は一番真ん中を
占めていたようで、他のお母さん達から「一番良いところに立ちましたね」と言われ
ました。またしても悪目立ち親子・・・。確かに、ビデオや写真を撮るのに一番
良い立ち位置をキープ!私は子供の頃、背が高かったので、いつもはじっこか
後ろのほうにいて、目立つ位置に立ったりしなかったなーと思いつつ、うちの息子
のたくましさに感動!よくやった!

音楽が始まると、なんとなくお隣の女の子にこづかれながら、踊っていましたよ!
家では、「どんな踊りを習っているの?」と聞いても、しらんぷりだったのに。
なるほど、これがソーラン節ね。以降、うちでも歌っています。
担任の先生が、ナイアガラの滝花火のひもを持って、登場。火を付けたら
すごい煙で、真ん中に立っていた担任の先生は大変そうでした。お疲れ様です。
花火もなかなかの迫力で、驚きの連続の王子。

さて、帰るぞ、となった時に、クラスメイトの男の子の額に思いっきり大きな石
を投げつけて、謝らない。。。ということがありました。あぁ〜〜〜・・・。
(後日、その子のお母さん宛に謝りのお手紙を出しました。はぁ〜)

王子の保育園が決まるまで、園庭で遊ばせてもらっていた近所の保育園でも
夏の大イベント、「流しそうめん大会」がありました。
事前申し込みが必要なほど、ご近所の子供を持つ家庭には人気のイベント
のようで、私も申し込みに行きましたよ。私自身も、流しそうめんは初めてで、
是非とも行ってみたかったので、張り切って。



当日、その壮麗なほんまもんの竹でできた流しそうめんに感動しました。
私達は、ちょうど、竹の継ぎ目の辺りで少し流れが止まる部分にいたため、
そうめんが止まり(ラッキー!)、じゃんじゃん食べられました。親の私がそんな
に食べて良いのでしょうか?そうめんは相当食べたので飽きた王子は、そうめん
が流れ着くざるの辺りで子供達同士で遊んでいましたが、その間も食べ続けた
私。おいしかったので。。。

この保育園は、園児でない乳幼児の為に、園庭と屋根付きの遊び場所を
解放してくれていて、そこのお世話係のおじさんがこのようなすごいものを
作ってきて見せてくれました。これ、全部、スプーンなんですよ。
よく見ると、虫の背中がグラデになっていたり、微妙な色加減や足のゴツゴツ感
も出ていて、その手の込んだ質感に驚きます。夏休みの作品にどうですか?



私が住んでいる辺りの地域の方々は、祭り好きなようで、ここ数年の
よさこいブームとも相まって、日野市のよさこい祭りは年々規模が
大きくなっていくようです。とりあえず、週末に家にいることもないので、
王子を連れて、豊田駅周辺の踊りを見に行きました。

ブームの時にイギリスにいたので、「ところで『よさこいって?』、
『なんで全国的にみんなしてよさこい?』」という疑問だらけなのですが、
創作よさこいやヒップホップ?かな?みたいなものまであり、とにかく
皆さん楽しそう。6月くらいに行った日野市の国際交流イベントでも、
よさこいを披露(他は、インドネシアやモンゴルの踊りが披露されていた
中で、日本を代表する踊りとしてよさこいが出ていました。)していました。
老いも若きもとにかくよさこいブームなんですね。








王子も踊りたそう・・・?



日本の夏は、べたべたして暑くて、日に焼けるし、以前は絶対にイギリスの
夏のほうがいい、と思っていたのですが、思えばバカンスでイギリスから
出て、海を楽しんだりできる身分ではなかった私たち(昨夏は、日本に出張
だったし)。物価がロンドンに比べて安くて、色々なイベントに参加して楽しめる夏が、
身近にある日本の夏も捨てたもんじゃない、と思えるようになりました。
| 日本で子育てを考える | 15:57 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑TOP
柔道女子、谷選手は銅でも金
JUGEMテーマ:北京オリンピック


オリンピック、祭り好きな私としては、やはり注目してしまいます。
王子は生まれて初めてのオリンピックなのですね…、ということで、
ほぼ無理矢理、開会式を見せたりしましたが、大好きな夕方の教育テレビ
やアニメが高校野球やオリンピック番組に代わって見られなかったり、で
ご機嫌斜めです。
北京で開催だということで、ライブで見られる競技も多いのもいいです。
開会式は、大量にスポンサー料を払っているアメリカ時間に合わせて、
真夜中にようやく聖火に点火となった時は、うかつにも居眠りしてしまい
ましたが。

柔道女子48Kg級 谷選手の銅メダル、おめでとうございます。
マスコミは、「ママでも金」でなくて残念そう、という記事が多いですが、
そもそも、オリンピックに出られること自体がすごいことだし、メダルは
銅でも、彼女の常日頃の練習の積み重ねが実ってのメダルだし、本当に本当に
素晴らしいことだし、本人ももっと大喜びしていいことだと思います。

確かに、日本の国旗を背負った公人として、金メダルを持ち帰らねばならない、
という思いはあることでしょう。応援してくれる皆さんの気持ちに応えたい、
というのも、オリンピック選手に選ばれた責任もあるでしょう。
でも、ずっと精進してきた彼女の「個人的な努力」の成果でもあるのだし、
彼女自信が金を取れなくて残念と思うのは仕方ないのですが、他の人が「銅で
がっかり」、「金を逃した」、などと言うのはおかしい。

それに、妊娠中に柔道の練習をお休みしなければならなかった時期には、
きっと他の選手の上達が気になったり、焦ったりしたのではないかなー、
母になって、昼間の練習の後に夜中に3時間置きの授乳もし、夜泣きが
あったりした時には充分睡眠も取れなかっただろうな、体力的にも辛かった
だろうな、練習が続いて子供にあまり構えない時や子供の調子が悪い時には
母親としてどうなんだろうと悩んだこともあっただろうな、と子育てしている
私には人事とは思えないほど、彼女の境遇に共感して、その大変さを想像
してしまいます。
「母は強し」だけど、彼女が抱え込まなければならなかったものは、金メダル
への重圧だけではなかったはず。

しかし、それにしても、その時一体、旦那さんの谷佳知氏がどんなサポートを
したのかについてはあまりマスコミでは書かれていないのですが、どうなんで
しょうか?
日本人男性は、あまり家事育児をしないでいても世間からはなにも言われない
のですね。奥さんがあれだけすごい人なんだから、夫がサポートしたって
いいではないですか、いや奥さんをサポートしないなんて許せない、奥さんを
サポートしてこそパートナーではないですか。
もちろん、彼ら個人の問題だし、サポートしているのかもしれないけれど。

ある新聞記事には、亮子選手が「主婦をしないから練習できる」とインタビュー
に答えているものがありましたが、柔道日本代表選手に主婦までしないと
いけないような後ろめたさを感じさせるような日本社会はおかしいですよ。
柔道も育児も奥さん業もがんばらないと、いけないのでしょうか。お金が
あれば人を雇ったり、たまには主婦をさぼったりしても、人様になにを言う
権利があるのか。

今日の記事では、谷亮子選手の息子さんの佳亮くん(2歳)が、試合中に
発熱し、ウイルス感染症で北京の病院に入院したそうで、谷選手はドーピング
検査後に知らされて、夜中に病院へ駆けつけたそうです。同じ年頃の子供を持つ
身としては、痛いほどその切なさが分かります。子供の発熱はよくある
ことだけど、入院するほどで、しかも、海外の病院に行かなければならない
事態が起こるなんて、本当に気の毒です。17日予定の帰国を早めるかもしれない、
ということですが、これを見て、「これだから子連れの女には任せられない」
などと思っている人、天罰が下りますよ!というか、天罰が下ってほしいです。
| 日本で子育てを考える | 14:11 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑TOP
王子、風邪から復帰
JUGEMテーマ:育児


前回、発熱で弱り切っていた王子ですが、熱が土曜日から下がり始め、月曜日は
咳が残っていたので休ませましたが、火曜日から保育園復帰です。まだ、痰が
からんでいるような咳が静まりませんが、咳が長引くのは最近の大人の咳も
そうらしいので、とりあえず元気なので保育園へ行ってもらうことに。
火曜日の朝は、「ナーサリー(=保育園のこと)???」とちょっと忘れて
しまったようなところもありましたが、その後は元気に遊んでいたようです。
心配してくださっていた皆様、王子は元気になりました!

そこへ、私も喉が痛くなってきて…、と一難去ってまた一難です。
結構、大人も子供も咳をしている人を見かけます。百日咳なんて、ほとんど
死滅した菌なのかと思っていましたが、最近はじわりじわりと広がっている
みたいです。市販の風邪薬でしばらく治らない咳は、是非、病院へ行って
検査を受けて、適切な処置をしてもらうことをお勧めします。
| 日本で子育てを考える | 13:42 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE